映画やドラマをより効果的に学習に生かすには

よく英会話能力を伸ばそうとして「洋画」とか「海外ドラマ」にチャレンジする人は結構いると思います。皆さんもその一人ですか。しかし実は意気揚々とこのような映画などを観だしたものの、すぐに飽きて「あきらめてしまう」パターンもかなり多いようなのです。

 

これにはいくつかの理由があります。一つは「聞き取れない」とか、「話すスピードが速すぎる」ように感じて途中で挫折してしまうのです。この点で実際に役立つ方法をここで取り上げてみましょう。

 

まずこのような映画やドラマを観る時には「気長」にやってみましょう。つまりすぐに理解できるとは考えないでください。中にははっきり話さない俳優さんも多いですし、私たちが勉強したいわゆる「書き言葉」とネイティブが使う「話し言葉」はかなり物が異なるのです。

 

ただ観ていても頭に入ってくる内容というのはわずかですので「ノートを取る」ことは非常に効果的です。つまり気になる表現があったら「一時停止」して字幕表示を確認し、ノートに「書き留める」ことができるのです。

 

そのような表現が増えることで後から見直して自分の英会話に生かすことができますね。初心者の場合はいきなり全て英語ではなくて「日本語字幕」と「英語音声」の組み合わせで始めてみるといいでしょう。

 

つまりストーリーを把握すれば確実に英会話表現に集中できるのです。慣れてきたときにはもちろん英語字幕を出してみることもできます。英語を見終わったらノートに書きだした表現を音読して、映画のシーンに戻って「シャドーイング」をしてみることができるのです。そのようにして自分のものにすることができるでしょう。


このページの先頭へ戻る