瞬間英作文で英語に慣れる

TOEFLとかTOEICでもある程度の点数を持っているのにいざ「話そう」とすると英語がうまく口から出てこない人は結構多いようです。これは日本人共通の悩みというものかもしれません。

 

つまりあまりにも高度な文を作ろうと頭が必死になりすぎて結局コミュニケーションに自信が持てないのです。この点で実践できるのが「瞬間英作文」と呼ばれるものです。これは近年ネットなどで着実に人気が出ている方法の一つです。

 

どのように行えるのでしょうか。生活の中で色んなシーンを利用し、頭の中で英文を作っていきます。もちろんネイティブの人が目の前にいなくてもできることですから、いつでも実践できお金も大してかからない英会話練習法なのです。

 

この瞬間英作文を作るときにまず意識することの一つは「難しい文を作ろうとしない」ことです。よく英検などの参考書などを見ると日本語でもかなりレベルの高い文を英訳するように求められることがありますね。

 

しかしこのトレーニングではできるだけ「平易」な文を瞬間的に作るように心がけることが重要です。分からないからといって辞書で何十分も一つの文と向き合うこともNGです。分からないのであればそれを「スキップ」して他の英文作成にチャレンジしてみましょう。ですからこの点で中学生時代の教科書を探してきて瞬間英作文をする人も多いのです。

 

特に長い間英語から遠ざかっていた人にとってこれは「復習」の意味も兼ねており、英語の作文をする癖付けを行うことができます。このようにして何でも英語に直すという習慣がつくと英会話の場面で、簡単ながらもよりスムーズに言葉が出てくるようになるのです。ぜひ試してみましょう。


このページの先頭へ戻る