1日5分でも英語に触れる

英語の効果的な勉強法はリスニングを鍛えることです。日本人は特に学校で難しい文法や単語を覚えさせられますが、これが実際の英会話で役に立つことはあまりありません。

 

 

 

もちろん全く役に立たない訳ではありませんが、普通に会話する程度なら中学校で教わった単語や文法程度で十分と言われる程です。それよりも日本人にはリスニング力が足りないと言われています。これは実際会話をする時には最も重要です。

 

 

 

相手から情報を聞き取る力がないということは、相手が何を言っているのかわからずイエスかノーかの意思表示もできないということになります。これは会話をする上では致命的で、ここが日本人の英語が上達しない理由とされているのです。難しい文法や単語を必死に覚えるのを止めて、毎日5分でいいので聞き流す勉強法が英会話を上達させる一番の方法です。最初は5分とはいえ早すぎて何を言っているのか全くわからないかもしれません。

 

 

 

テキストの日本語訳を見てやっとという感じでも構いません。毎日繰り返し続けることで英語耳鍛えられていくのです。しばらくすると会話の早さにも慣れ、所々単語が聞き取れる所が出てきます。単語というヒントが加わると少しずつですが何を言おうとしているかが予測できる様になるのです。

 

 

 

学校の教科書の文法といわゆる口語と言われているものは全く違うので、特有の言い回しを覚えるようになるとネイティブが話す英会話に近づいていくことになります。毎日5分という短い時間ですが積み重ねることによって効果的に、そして飽きることなく勉強を続けられるのです。

 

 


このページの先頭へ戻る