耳を鍛えるのに重要な英会話勉強法:オーヴァーラッピング

英会話のリスニング能力を伸ばすためには、音読、シャドーイング、オーヴァーラッピングをする必要があります。シャドーイングは聞いたあとに、同じように復唱するのに対し、オーヴァーラッピングでは聞いているものと全く同時に、同じように言う練習をします。

 

 

 

オーヴァーラッピングを行うには、既に元となる文章の手本の音をある程度把握していることが必要になります。ネイティブスピーカーの発音した音と、英語の発音リズムを覚えていて始めて、出来るようになります。この練習法では既に口も耳も文章の音に慣れていなければ出来ないので、とても高度な勉強法となります。もしも、耳が慣れていない場合はシャドーイングから始めましょう。

 

 

 

聞き取れなければ、話になりません。次に自分でも同じように発声する必要があります。そのためには音読が有効的な勉強法となります。口が音を完全に再現できるまで何度も何度も練習することが肝心です。シャドーイングと音読で、耳も口も音に慣れたら最後にこの勉強法を取り入れます。ちゃんとできるのであれば、既に十分なリスニング能力がついていることでしょう。逆に手本と同じように発音できなければ、再び、音読やシャドーイングで何度も練習してから、この勉強方法をもう一度行いましょう。

 

 

 

英会話では、英語の音の偏見をなくすことと、スピードについていくことがとても大切です。同時に復唱することで、自分の発音をネイティブの発音に近くし、ネイティブの話すスピードで発声できるようにすることでリスニング能力は飛躍的に向上します。

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る