耳を鍛えるのに重要な英会話勉強法:シャドウイング

 英会話の勉強法としてシャドウイングという方法があります。ネイティブスピーカーが話しているCDなどを聴きながら、聴こえてきた文章をそのままそっくり音読する勉強法です。聴き取った文章のすぐ後を、自分も発音しながら続いていきます。

 

 

 

 真似して発音するためには、きちんと聴き取らなければなりません。そのため、リスニング力が鍛えられます。また、英語のスピードに慣れることができ、繰り返し発音することで英会話独特のリズムやイントネーションが身に付きます。

 

 

 

 はじめは簡単なものでいいと思います。聴きながら発音もするというのは、とても大変なことです。何度か聴いては後に続いて発音してみる、ということを繰り返します。まずは、内容や発音のことは考えずひたすら聴こえてきたものを真似して発音していきます。その後、分からなかったところの確認をするために英文を見ながらシャドウイングします。これを何度か繰り返し、すらすら音読できるようになったら、再び英文を見ないでシャドウイングをします。慣れてきたら、文書の内容にも意識を向けてみます。

 

 

 

 上達のコツとしては、集中してやることです。聴きながら発音もして内容も理解しなければならないので、かなりの集中力が必要です。英文を流してなんとなく発音しているだけではまったく上達しません。短時間でも集中してやりましょう。なんといっても大切なのは、恥ずかしがらずに声を出すことです。最初は口が回らないかもしれませんが、繰り返し練習するうちにきっとできるようになります。辛抱強く練習することで、リスニング力とスピーキング力が同時に身に付くはずです。

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る