耳を鍛えるのに重要な英会話勉強法:同時通訳練習

 まずは英語での音声を大量に聴く、英語の自然な流れを身につけることが大切です。

 

 

 

 大量に聴くといっても、ただ聞き流すだけでなく、意識的に集中して聴きたいものです。そこで効果的な勉強法が「シャドーイング」です。
 シャドーイングとは、同時通訳者を目指す人のための勉強方法ですが、これは、一般の英会話の勉強法としても大変効果があります。自宅にいながらにして、簡単かつお金がかからず取り組めるだけでなく、一人で英語を発する練習ができるため、英会話の練習として最適です。 

 

 

 

 シャドーイングは、聞こえてきた音声を、マネして口に出すことです。つまり、英文が一言一句理解できていなければ、言葉につまってしまうため、シャドーイングをすることにより、自分理解できていない単語や文法に気付くことができるのです。英語で発信するためには、ボキャブラリーを増やしそれを支える骨組となるしっかりとした文法が必要なのです。 また、シャドーイングをすることにより、英語を英語の語順で理解すくせがつきます。日本人は英語を理解するさいに後ろから前に戻って訳すくせがついている場合がありますが、英語は当然頭から訳していくものであり、それが英語の自然な流れです。

 

 

 

 教材を選ぶ際も、英語の自然な流れを損なうことなく理解できる教材を選ぶことが大切です。初心者であれば、少しゆっくりめの教材を選ぶとよいでしょう。また、レベルを問わず勧められるのが、有名人や政治家のスピーチです。スピーチは、普通の会話形態に比べて、聴衆に聴かせることを目的に作られているため、文体がしっかりしていることはもちろん、ポーズなどはっきりしており、マネしやすい教材です。

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る