まずは基本が重要、英会話の前の土台に作り:文章テキストを利用する

英会話を上達させるために、ヒアリングが重視されたり、ネイティブの講師との会話の練習が重要視されていますが、会話の目的は、単に挨拶や話すだけではありません。何の目的で会話するのかが大切です。自分の意思の伝達、つまり相手に伝えたい事を誤解させる事なしに伝えられるか、そして相手の話す内容を正しく把握できる事が大切です。

 

 

 

基本としての英語を理解できる能力がしっかりと出来ていないと、英会話自体が意味のないものになってしまいます。内容の伴わない、上滑りの会話に終わる可能性があります。英会話の基礎として、そもそも英語を理解する事は基礎中の基礎と言えます。理解できない文章を話すのは、会話ではなく単なる表現の暗記でしかありません。自分が理解出来ない文章を話す事はそもそも無理な注文です。

 

 

 

英会話の土台として、文章テキストの理解が優先とする事は、従来の英語教育に固守しているように思われるかもしれませんが、英語の基礎を理解しないで、英語を話す事は無理で、数多くの文章テキストの理解が優先される事は当然と言えます。

 

 

 

全体な英語の基礎を理解する事なしに、英会話だけが別の科目として独立している事はなく、総合的な英語の理解が必要で、それが優先されるのは当然で、文章テキストの完全な理解が出来て初めて、話す事ができます。会話は、お互いの意思の伝達が目的といえます。何のために会話するのかが不明確なまま、会話する事はそもそも無理な設定です。

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る