まずは基本が重要、英会話の前の土台に作り:常に声を出して暗礁する

英会話に限りませんが、どんな言語でも声を出すことは、基本中の基本です。

 

 

 

日本語独特の左脳派で英会話を学習しても、日本人からみて『Aさんは英語が話せる』と思われても、実は米国人からみたAさんは『話せる』とまではいかないレベルだったり、Aさんの英語を笑顔で聞き流しながら、後で『実は何を言ってるのかよく理解できなかった』なんていう話もよく聞きます。そういう人が共通するのは、リズミカルな英語を声にせずに英語を学習してきたこと。

 

 

 

声を出すことで、それ自体が記憶になります。また声を出すことで、その音が耳に入ってきます。これらの相乗効果が、次第に英語独特の発音であるTH、F、V、Rなどの子音が発音できるようになり、聞き取れるようになります。たとえば、『Fine』と発音する場合、たいていの日本人は最後にNの発音をしません。単語によっては、ひとつ発音が違うと、まったく別の意味に取られてしまうので気をつけましょう。

 

 

 

バカでもコピーキャットでも何でもいいので、まずはメロディーのような英語のそのリズミカルな『音』をそのままマネてみることをオススメします。
ちなみに、外国語を手っ取り早くマスターするには、実はその言葉を母国語とする恋人を持つことだということはご存じでしょうか。環境に順応する能力に差はありますが、恋人の言語に合わせる場合のその速さは断然です。

 

 

 

英語の音をマスターするには、やはり現地出身者を手本にするべきですが、そういう知り合いがいない場合は、海外ドラマのDVDを視聴する方法があります。今は、DVD以外にもさまざまな海外ドラマや映画を視聴できるオンラインサービスもありますので、ぜひ利用しましょう。

 

 


このページの先頭へ戻る