まずは基本が重要、英会話の前の土台に作り:簡単な文法から始めよう

英会話の勉強と言えば英会話学校へ通ってネイティブスピーカーとの会話を学ぶことが大切と考える人も居ますが、実際にネイティブスピーカーとの会話だけで語学力が向上するとは限りません。多くの場合にはある程度の会話を身に付けたところで実力が停滞してしまうのが実態です。

 

 

 

このような現象の多くは基礎的な英文法を学ぶことで回避することが出来ます。英文法と言っても難しい構文や文法問題を解くことではなく、中学校程度の簡単な勉強で十分な場合が多くあります。中学校で学ぶ英語については、日常の英会話に使われている例文が多く掲載されているため、効率的に英語の基本を学ぶことが出来るのです。

 

 

 

このような基礎的な勉強を繰り返すことで、英語の土台となる基礎がしっかりと作られることから、英語の実力を高めるためには中学校程度の勉強は必要不可欠なものなのです。基礎的な英文法の勉強を行うには、書店などで販売されている中学生向けの英語の参考書などを購入して頭から暗記するつもりで勉強することが大切です。

 

 

 

この方法は自力で英語の実力を高めることが出来る上に、英語の基礎を全てマスターすることが出来るので、英会話の上達の近道と言えるのです。今後の英語上達のためには早めに基礎を固めることが大切であり、基礎を固めるためには中学校で学ぶ英語をしっかりと身に付けることが重要となるのです。

 

 

 

簡単な英文法だからといっておろそかにするのではなく、土台を固めるつもりで時間を掛けて勉強することが大切なのです。

 

 


このページの先頭へ戻る