耳を鍛えるのに重要な英会話勉強法:ディクテーション

英会話の勉強のために、語学学校や英語教材を使って長年勉強しても、なかなか英語の実力が上がらないという悩みを持つ人は多くいます。このような悩みの原因の多くは、単に英語に触れる時間を増やしているだけで、実力向上に繋がる勉強法を行っていないということです。

 

 

 

実際に英会話の実力を上げるためには、相手の言っている言葉について単語や文の構造について理解している必要があります。このような実力を向上させるには単語や文法、熟語などの総合的な能力を高める勉強法を採用することが大切です。

 

 

 

このような能力を向上させる方法として最適なのがディクテーションです。ディクテーションとは、英語の文を耳で聞いて、その文をそのまま紙に書いていくという勉強法です。この方法の大きな利点は耳で聞いた瞬間に単語や文の構造を理解し、それを自分で紙に書くことで自分の理解度が簡単に分かる点です。

 

 

 

つまり、聞き取れない単語については紙に書くことが出来ないことから、自分の弱点や苦手な単語や構文など自覚することが出来るのです。また、英語独特の発音についても聴覚と視覚の両方を使って理解することから自然と身に付くのです。

 

 

 

さらに、英語の文を頭からそのまま理解することが出来るようになることから、英語耳を鍛えるのに最適な勉強法と言えます。このように、耳と目を使った英会話勉強法であるディクテーションを活用することで、英会話の能力が劇的に向上することが出来るのです。

 

 


このページの先頭へ戻る